忍者ブログ
予防接種とは、子供を悪い病気から守るという意味でもありますね。子育てにかかせない事のひとつです。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供の予防接種

 子供の予防接種で、予防接種後の副反応には、親が注意しながら子供の様子を伺うことが大事です。
子供の予防接種を受ける時期は決まっています。子育て中は子供に、予防接種を何種類も受けなさせなくてはなりません。

 予防接種とは、ワクチンを接種して、免疫を作ることによって病気に対する抵抗力をつけます。
BCGの副反応は、接種日から3~4週間後に接種した部分が赤くなり、膿が出たりします。これは、異常反応ではなく、BCGをしたことによって免疫がつくられている証拠です。

 子供の予防接種でBCGは、接種回数は一回ですが、生後6ヶ月未満に受けなければなりません。
BCGとは、牛型結核菌を弱めたワクチンのことを言います。接種した部分の脇の下のリンパ節が腫れる子供もいますが、様子を見てかまわないでしょう。いつもと変わらない子育ての中で、子供の予防接種で部位が赤くなったり、リンパ節の腫れが1ヶ月たっても治まらないようなら医師の診断を受けてください。

・・・・


<スポンサードリンク>


PR
子供の予防接種の集団接種で

 子供の予防接種の集団接種で、春と秋の二回行う地域が多いです。
子供が結核に感染してしまうと、粟粒結核・結核性髄膜炎になり、重い後遺症を残してしまうことがあります。
結核を予防するワクチンということですね。


これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。

 

 子供の予防接種でポリオは、生後3ヶ月~18ヶ月までに、6週間以上の間隔で2回接種します。
ポリオウィルスというのは、人から人へ感染をします。ほとんどの子供は症状が出ませんが、症状が出た場合、ウィルスが血液を仲介して脳や脊髄へ感染し、麻痺を起こすことがあるのです。

 子供の予防接種でDPTワクチンは、副反応の少ないワクチンです。DPTとは、三種混合ワクチンのことをいいます。接種部位が赤くなり、しこりが出てきたり腫れたりしますが、免疫がつくられたために起こる現象です。
しこりは、特に何もしなくても小さくなっていくので放置してかまいません。

子供の予防接種でポリオでの副反応は、ほとんどの子供に副反応は現れませんが、約500万人に1人の割合で接種から15日後に体内で増えたウィルスが、脳や脊髄に達してしまう場合もあります。

・・・・

予防接種とは、子供を

子供が大きくなるにつれ、外出する機会も増えてきます。予防接種とは、子供を悪い病気から守るという意味でもありますね。子育てにかかせない事のひとつです。
接種する際は、注意事項などをよく読んでから接種させてあげてください。

 接種後約3週間くらいは、ウィルスが便中に排出されますので、オムツ変えをしたら手をよく洗うようにしましょう。子育ての仕事が多少増えますが、これも子供のためです。

子供の予防接種で実際に行われる予防接種の種類は
・BCG
・三種混合(DPTワクチン)・・・DPTととはジフテリア・百日せき・破傷風の三種類を略したものです。
・ポリオ・・・・・・ポリオというのは、小児マヒと呼ばれる病気のことです。
・麻疹、風疹(MRワクチン)
・インフルエンザ
などがあります。

また、ワクチンとは、子供の予防接種に使用する薬液のことをいいますが、

・生ワクチン・・・・・・生ワクチンは、生きた病原体の弱めたものを接種し、体の中で増やして免疫をつけるものです。
・不活化ワクチン
・トキソイド

3つの種類のワクチンがあります。



<スポンサードリンク>


・・・・

| top |
|
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
<スポンサードリンク>
プロフィール
HN:
GENROQ
性別:
非公開
自己紹介:
子供の予防接種で実際に行われる予防接種の種類
バーコード
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny